愛媛県西条市 清水歯科医院 インプラント・入れ歯

院長紹介

高橋 啓(たかはし あきら) 略歴およびプロフィー

平成6年
北海道医療大学歯学部卒業
平成6年
広島大学歯学部歯科補綴学第一講座
入局 (現 義歯-インプラント診療室)
平成11年
広島大学大学院歯学研究科卒業(博士号取得)
平成11年
広島大学歯学部付属病院医員採用
平成12年
医療法人朋友会 せいぶ歯科医院採用
副院長として4年間勤務
平成16年
愛媛県 南宇和郡 愛南町にて開業
平成24年
JSOI口腔インプラント専門医を取得

私は、北海道医療大学歯学部を卒業後、広島大学歯学部歯科補綴(ほてつ)学第一講座(赤川安正教授)に入局しました。 ここで教えられたことが、今の歯科医として基本となっています。ちなみに補綴学というのは、歯が無い部分をどうやって歯を入れるかという専門科です。 治療としては、インプラント、取り外しの入れ歯、ブリッジなどが治療の中心でした。 特殊な治療としては、腫瘍などで顎が大きく無くなった方の特殊な義歯や睡眠時無呼吸症候群の治療、噛みあわせの問題から顎関節症の治療を担当することも多かったです。 また、大学病院からの派遣により精神科病院での治療や、老健施設での治療、口腔ケア、個人宅への訪問診療などを経験して来ました。

 

最新の歯科技術の習得、研鑽につとめ、地域に密着した医療を提供し、皆様に愛される歯科医院を目指して、スタッフ一同努力してまいりますので、よろしくお願いします。